理想のダイエット方法

男女関わらず、理想の体型を維持したいと思っているのではないでしょうか?
では、理想とはどう言う事なのかを考えていきましょう。

通常より肥満型と思っている方でも、BMI指数によっては標準だったりします。
BMI指数とはBody Mass Indexの略で、身長からみた体重の割合を示す体格指数で平均は22と言われています。
例えば、男性で175センチで67Kgの人は指数21.88でほぼ平均となります。
計算方法は、BMI=体重(Kg)÷(身長(m)×身長(m))です。
日本肥満学会では、25.0以上を肥満と設定しています。
ちなみに、18.5未満を低体重、18.5以上25.0未満を標準、それ以上を肥満、または標準以上と言うそうです。
厳密には体脂肪率との相互関係もあるようで、標準以上と言われる肥満になるほど、有病率が高くなる傾向があるみたいです。

計算方法は世界共通との事ですが、国により肥満の判定基準は異なります。
現在、日本国内の理想指数は、男性は前記の通り22.0で女性は21.0となっております。
具体的に有病率が高くなると、心臓病や脳卒中など命に係わる病気が発生する場合が挙げられています。
また、生活習慣病である糖尿病や高脂血症、高血圧などの疾患も懸念されています。

以上を踏まえた上で、理想のダイエット方法について確認していきましょう。

理想イコール健康的に体系を維持する事で、病的に痩せるのとやつれるのでは、ニュアンスも意味も異なります。
極端に食事を摂らなかったり、偏った栄養では、体重が減っても一時的なものでしかありません。
さらには、重大な病気いかかってしまう可能性も高くなる要因とも言えます。
サプリメントや医薬品で食欲を抑える、食欲抑制剤などあります。
こちらは、体重過多の人の為に医療用として用いられる場合があります。
もちろん、使用する事自体は害はありませんが、極端に行ってしまうと前記のような状態になりかねません。

まずは自身にあった体重を知り、そこを目標に何を行うかです。
ダイエットに失敗する人の多くは、継続が出来ない負荷がかかる運動を行ったり、食事制限などの我慢によるケースが多いそうです。
無理な運動は必要とせず、最初は軽いウォーキングから始めるぐらいで良いでしょう。
慣れてきたり時間がある人は、徐々にランニングに切り替えていければ尚よいです。
多忙な方の場合でも、少し歩くスピードを変えるたり、普段使わない階段を上るだけでもカロリーの消費量は上がります。
過度な有酸素運動を行うより、関節や腰などにやさしく、効果にも期待が持てます。

食事に関しては、諸説ありますが一日に必要なカロリー量を計算するやり方は、ストレスに繋がるタイプの人も多い様です。
好きなものを好きなだけ、好きな時に食べれる方法があります。
それは食べ方で、ゆっくり食べる、汁物や野菜を先に食べるなど、少し工夫するだけでも満腹感は変わります。
そこに、プラスして食事でとった脂分を吸収せず、外に排出する医薬品を服用するれば、無理なく健康に痩せる第一歩となります。
人気なダイエット薬は、ゼニカルでオーリスタット(Orlistat)を有効成分とし、脂肪を分解し吸収するリパーゼの働きを抑え効果的に働くそうです。
元は、生活習慣病の糖尿病などの治療薬として使用されており、アメリカの厚生労働省に当たるFADの認可も受けている安全な医薬品です。
用法用量は、1日3回の食事と一緒に服用するだけと簡単です。
効き目が強いと感じる場合は、朝を除いて昼と夜の2回だけ等に調節しても良いと思います。
体重の減少が確認された後に、リバウンドする事を防ぐ目的としても期待されています。

これから、理想のダイエットを始めようと考えている方はチェックしてみて下さい。
http://www.kusurinotakuhaibin.com/products/detail/93

語句検索BOX

投稿

カテゴリ

アーカイブ